2018年 1月 24・25・26日

グランドハイアット福岡<キャナルシティ併設> 

福岡市博多区住吉1-2-82

 


〜ご挨拶〜

 これまで本当に多くの方々に支えて頂きました「グローバル・経営者フォーラムin九州」も回を重ね、7回目を迎えます。関係各位の皆様には、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

 このフォーラムは『日本的経営の創造と開放』をメインテーマとしつつ、昨年、一昨年とサブテーマを「地方と世界の統合」として進めてきました。このテーマによって、全体への貢献こそが、個が個として、その光彩を放つことを可能とする「日本的経営」の在り方と、その必要性を多くの方と考えるきっかけとなりました。

 昨今、私達の直面する多くの問題は、専門領域と専門領域の間にある境界領域で起こっていると言われています。この問題に焦点をあて、7回目は、サブテーマを「境界領域への挑戦」としてスタッフ一同準備を進めております。

 世界を豊かにすると信じて追求されてきた近代のパラダイムは、多くのものを分離・分割し、結果として多くの境界領域を生み出しました。個人と個人、学問と学問、企業と企業、といった、同類の境界領域はもちろん、経営に於いては、各部門と部門、上司と部下、社員と顧客といった、様々な境界領域の“ハザマ”に、多くの問題が浮き彫りになっています。

 今こそ、豊かな未来の前に横たわる境界領域に存在する根本的課題をしっかりと見定め、日本的経営の創造と開放を柱に、経営者として、経営者を支える幹部として、家庭や地域のコミュニティーのリーダーとして、一人一人にどの様な変革が求められているのかについて、この3日間を通じ、皆様としっかりと考えて参りたいと思います。 

九州経営フォーラム実行委員会 代表  楠本 浩之 
 

参加者インタビュー